アート ニュース

最新のアートニュースの投稿記事です。

芸術探訪アートマップ
HOME新着案内アーティストリンクアーティスト展示作品アートニュースアート掲示板・談話室アートRSSセンター
新規ユーザー無料登録
新規ユーザー無料登録
ログインする!
メインメニュー
Web Kit
スポンサーリンク
検索
  

投稿者 : FEIART 投稿日時: 2019-06-01 13:34:16 (64 ヒット)

この度FEI ART MUSEUM YOKOHAMAでは、「吉田絢乃展」を開催致します。
吉田絢乃は「人の抜け殻」を描きます。生きているわけでも死んでいるわけでもなく、奇妙な存在感を放つ脱皮した抜け殻。手帳やノートは使いこまれると文字や落書きで埋められ、洋服なら脱ぎ捨てられた形で所有者の個性を表します。脱皮殻は持ち主の分身であるがごとく動作が起きたその瞬間を想起させるのです。吉田絢乃が表現するのは、そんなひとの気配が染み込んだモンスターです。本展では確かな技術に裏打ちされた、吉田絢乃独特の世界をご覧いただけます。

会  期:2019年8月6日(火)〜8月18日(日)
開廊時間:10:00〜19:00 (最終日17:00まで)
会  場:FEI ART MUSEUM YOKOHAMA(フェイアートミュージアムヨコハマ)
住  所:〒221-0835 横浜市神奈川区鶴屋町3-33-2 横浜鶴屋町ビル1F
電  話:045-411-5031 
F A X:045-411-5032
e-mail:artmuseum@fukasaku.jp 
HP:http://www.f-e-i.jp
https://www.facebook.com/feiartmuseum
https://www.instagram.com/fei.art
料  金:入場無料

ACCESS
*各線「横浜駅」西口 より徒歩6分
*横浜駅西口地下街[南12番出口]より出て左
 [鶴屋町3丁目交差点]前方左角

0コメント

投稿者 : HFGR 投稿日時: 2019-05-24 14:52:12 (78 ヒット)

 この度、Hideharu Fukaskaku Gallery Roppongi では、「中澤美和展」を開催致します。
 中澤氏は近年、理想郷をテーマに制作に取り組む日本画家です。作家コメント:「理想と現実の関係性、主に理想郷をテーマに作品を制作しています。浮世離れし蜃気楼のように漂うイメージで、不安が潜んでいるような不穏で脆い世界を想像します。多くの先人が様々な形で理想郷を表現してきました。私はそれらを引用することで、逆説的にこの不安感が共通言語にならないかと試みています。」「理想郷を描くというのは、逆説的に今いる現実を見つめる作業であると考えています。自身の漠然とした不安や逃避願望を直視することで、今を肯定し、新しい景色を目にできると思っています。」と中澤氏は語っています。
 中澤氏の色彩豊かに描かれる作品は象徴的で様々な事を考えさせてくれます。近年では迫力あるモノクロームの作品に変化し、今後の作品が益々、見逃せません。今展ではドローイングから近年制作した120号を始めとした大作と小品の日本画作品が並ぶ予定です。

-------------------------------------
開催期間:2019年 7月16日(火)~ 7月27日(土)
開場時間:11:00~19:00(最終日17:00 迄) 日・祝休廊 
会  場:Hideharu Fukasaku Gallery Roppongi
(ヒデハルフカサクギャラリー六本木)
住  所:〒106-0032 東京都港区六本木7-8-9 深作眼科ビル1F・B1
料  金:入場無料
TEL : 03-5786-1505 FAX : 03-5786-1506
E-mail : hfg@fukasaku.jp HP: http://www.f-e-i.jp
http://www.facebook.com/hfgroppongi http://twitter.com/HFG_ginza

ACCESS
*都営大江戸線「六本木駅」7番出口より徒歩2分
*東京メトロ日比谷線[六本木駅]4a出口より徒歩3分
*東京メトロ千代田線[乃木坂駅]3番出口より徒歩3分
-------------------------------------

0コメント

投稿者 : FEIART 投稿日時: 2019-05-19 16:38:14 (82 ヒット)

この度、FEI ART MUSEUM YOKOHAMA では、「神の紙技- カミノシワザ- 紙の神業展」を開催致します。
本展は、紙を用いて作品を作り出す作家たちをテーマに企画された展示会です。
日本には和紙という優れた「紙」があり、和紙にも三椏、楮、竹など種々様々な原料があります。さらに和紙に対して、パルプを原料に作られた洋紙などもあります。「紙」は私たちの生活に欠かせないアイテムです。自然の植物、産物を原料に作られた「紙」は、いわば神様からの贈り物といえるでしょう。
それら自然・神からの贈り物である「紙」に、さらに想像力を注ぎ込み、新たな生命を宿らせた作品展を企画いたします。

会  期:2019 年8 月21 日(水)~9 月4 日(水) 
開廊時間:10:00〜19:00 (最終日17:00まで)
会  場:FEI ART MUSEUM YOKOHAMA(フェイアートミュージアムヨコハマ)
住  所:〒221-0835 横浜市神奈川区鶴屋町3-33-2 横浜鶴屋町ビル1F
電  話:045-411-5031 
F A X:045-411-5032
e-mail:artmuseum@fukasaku.jp 
HP:http://www.f-e-i.jp
https://www.facebook.com/feiartmuseum
https://www.instagram.com/fei.art
料  金:入場無料

ACCESS
*各線「横浜駅」西口 より徒歩6分
*横浜駅西口地下街[南12番出口]より出て左
 [鶴屋町3丁目交差点]前方左角

0コメント

投稿者 : FEIART 投稿日時: 2019-05-19 16:38:10 (66 ヒット)

この度、FEI ART MUSEUM YOKOHAMA では、「神の紙技- カミノシワザ- 紙の神業展」を開催致します。
本展は、紙を用いて作品を作り出す作家たちをテーマに企画された展示会です。
日本には和紙という優れた「紙」があり、和紙にも三椏、楮、竹など種々様々な原料があります。さらに和紙に対して、パルプを原料に作られた洋紙などもあります。「紙」は私たちの生活に欠かせないアイテムです。自然の植物、産物を原料に作られた「紙」は、いわば神様からの贈り物といえるでしょう。
それら自然・神からの贈り物である「紙」に、さらに想像力を注ぎ込み、新たな生命を宿らせた作品展を企画いたします。

会  期:2019 年8 月21 日(水)~9 月4 日(水) 
開廊時間:10:00〜19:00 (最終日17:00まで)
会  場:FEI ART MUSEUM YOKOHAMA(フェイアートミュージアムヨコハマ)
住  所:〒221-0835 横浜市神奈川区鶴屋町3-33-2 横浜鶴屋町ビル1F
電  話:045-411-5031 
F A X:045-411-5032
e-mail:artmuseum@fukasaku.jp 
HP:http://www.f-e-i.jp
https://www.facebook.com/feiartmuseum
https://www.instagram.com/fei.art
料  金:入場無料

ACCESS
*各線「横浜駅」西口 より徒歩6分
*横浜駅西口地下街[南12番出口]より出て左
 [鶴屋町3丁目交差点]前方左角

0コメント

投稿者 : FEIART 投稿日時: 2019-05-18 17:15:05 (65 ヒット)

この度FEI ART MUSEUM YOKOHAMA では、「INFINITY 展」を開催致します。
インドのムンバイ出身作家、R.B.Holle による日本初個展となる展覧会です。
R. B. Holle 氏の作品は自然と音楽のリズム、そして天と地の空間を一つにまとめ宇宙規模の目線を表現しています。
その作品は平面に止まらず立体的な表現にまで幅を広げています。
インド国内で国家賞等を多数受賞し、世界各国で作品を発表しているR.B.Holle の展示をお楽しみいただけます。

会  期:2019 年7 月9 日(火)〜7 月14 日(日)
開廊時間:10:00〜19:00 (最終日17:00まで)
会  場:FEI ART MUSEUM YOKOHAMA(フェイアートミュージアムヨコハマ)
住  所:〒221-0835 横浜市神奈川区鶴屋町3-33-2 横浜鶴屋町ビル1F
電  話:045-411-5031 
F A X:045-411-5032
e-mail:artmuseum@fukasaku.jp 
HP:http://www.f-e-i.jp
https://www.facebook.com/feiartmuseum
https://www.instagram.com/fei.art
料  金:入場無料

ACCESS
*各線「横浜駅」西口 より徒歩6分
*横浜駅西口地下街[南12番出口]より出て左
 [鶴屋町3丁目交差点]前方左角

0コメント

« 1 (2) 3 4 5 ... 158 »

 
Produced by art-map.net © 2005-2018 copyright by 芸術探訪アートマップ all rights reserved.