アート ニュース

最新のアートニュースの投稿記事です。

芸術探訪アートマップ
新着案内 アーティストリンク アーティスト展示作品 アートニュース アート掲示板・談話室 アートRSSセンター
新規ユーザー無料登録
新規ユーザー無料登録
ログインする!
メインメニュー
検索
  

投稿者 : HFGR 投稿日時: 2022-03-28 18:02:08 (73 ヒット)

この度、Hideharu Fukaskaku Gallery Roppongi では、陶芸家・小孫哲太郎と硝子作家・戸田晶子のユニット名でもある工房『拝 [hai] 』の2度目の展示となります、「MIXING」を開催いたします。
 工房『拝 [hai] 』は2018年より本格的に同じ工房での制作を始めました。沖縄で陶芸を学び、刻紋と名付けた独特の線で刻まれた文様、伝統の色と奔放なかたちで生きている情景を土に描いていく小孫氏と、溶けたガラスに魅了され舞踊の世界から飛び込んで、ガラスの映り込みの効果を駆使して異世界と現実世界との視点と心の移動を試みる戸田氏。
 お互いの素材と技法と感覚をドッキングし、ひとつの表現とすることを試みてきた拝。今回は新たに進めてきた、一作品の中に両素材が組み合わされて一体となる表現のシリーズをメインに構成されます。Ceramicとglassの各々が持つ要素を混ぜ合わせ、渾然一体となった新しい融合芸術を是非、ご高覧頂ければ幸いです。

開催期間: 2022年 5 月 17日(火) ~  5 月 28 日(土)
開場時間:11:00~19:00(最終日17:00 迄) 日・祝休廊 
*状況により時間変更等の可能性がございますので最新の情報は幣廊HPやFacebook等でご確認下さい。


会  場:Hideharu Fukasaku Gallery Roppongi
(ヒデハルフカサクギャラリー六本木)
住  所:〒106-0032 東京都港区六本木7-8-9 深作眼科ビル1F・B1
料  金:入場無料
TEL : 03-5786-1505 FAX : 03-5786-1506
E-mail : hfg@fukasaku.jp HP: http://www.f-e-i.jp
http://www.facebook.com/hfgroppongi http://twitter.com/HFG_ginza

ACCESS
*都営大江戸線「六本木駅」7番出口より徒歩2分
*東京メトロ日比谷線[六本木駅]4a出口より徒歩3分
*東京メトロ千代田線[乃木坂駅]3番出口より徒歩3分

0コメント

投稿者 : HFGR 投稿日時: 2022-03-12 13:01:42 (87 ヒット)

この度、Hideharu Fukasaku Gallery Roppongi では、「山本奈奈 nobody else」を開催致します。
多摩美術大学にて油画を専攻した山本は、現在、人物モティーフを中心に作品発表を続けています。本展開催にあたり、山本は以下のように述べています。「角を曲がるときに、距離をうまくはかれなくて、よく体をぶつけてしまいます。自分の体の範囲に、そこでようやく気づいて、輪郭を実感することができます。出会う人や物事に対しても、距離がうまくはかれなかったせいで、居心地の悪い思いをすることがあります。絵を描くことで、現実の出来事を消化して、自分の身の置きどころを探しています。何を感じたのか、何を感じなかったのかを確かめて、私という人間の輪郭を少しずつ知っていく行為です。そうして、他のだれのものでもない自分だけのかなしみやむなしさを噛みしめます。私だけのかなしみやむなしさは、他のだれとも代わることや分かち合うことはできないけれど、それを噛みしめた行為が、だれかの慰めになるかもしれないと思っています。私がこれまで、それが書かれた本当の意味を知ることなく、他人の歌に慰められてきたように、だれかのなにかの慰めになればいいと思っています。」と。印象に残る人物表現と想像を掻き立てるタイトルで、鑑賞者を独自の心象世界に連れ出してくれます。

開催期間: 2022 年 5 月 7 日(土)~ 5 月 13 日(金) 
開場時間:11:00~19:00(最終日17:00 迄) 日・祝休廊 
*状況により時間変更等の可能性がございますので最新の情報は幣廊HPやFacebook等でご確認下さい。


会  場:Hideharu Fukasaku Gallery Roppongi
(ヒデハルフカサクギャラリー六本木)
住  所:〒106-0032 東京都港区六本木7-8-9 深作眼科ビル1F・B1
料  金:入場無料
TEL : 03-5786-1505 FAX : 03-5786-1506
E-mail : hfg@fukasaku.jp HP: http://www.f-e-i.jp
http://www.facebook.com/hfgroppongi http://twitter.com/HFG_ginza

ACCESS
*都営大江戸線「六本木駅」7番出口より徒歩2分
*東京メトロ日比谷線[六本木駅]4a出口より徒歩3分
*東京メトロ千代田線[乃木坂駅]3番出口より徒歩3分

0コメント

投稿者 : FEIART 投稿日時: 2022-02-13 18:28:05 (95 ヒット)

フェイ アートミュージアム ヨコハマでは横浜国立大学教育学部美術科の卒業制作展/在校生展を開催致します。

横浜国立大学教育学部美術科は教育現場で活躍できる教員の育成を目指しており、学生は四年間で絵画・彫刻・デザイン・工芸や美学美術史など美術の専門教育を学びます。その集大成となる卒業制作は作品または論文の提出が課され、さらに成果を卒業制作展で発表しています。
このたび、美術科の卒業制作展を弊廊で開催する運びとなりました。四年間の制作と研究で美術に関する広い視野と豊かな感性を培った学生の作品をご覧いただけます。
あわせて、在学中の3年生・大学院生の作品を紹介する「在校生展」も開催致します。
--------------
展覧会名:令和3年度 横浜国立大学美術科 卒業制作展/在校生展
会  期:2022年2月15日(火)~2月26日(土)※月曜休廊
開場時間:10:00~19:00 ※初日は13:00から、最終日は16:00まで
料  金:入場無料
会  場:FEI ART MUSEUM YOKOHAMA
住  所:〒221-0835神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町3-33-2 横浜鶴屋町ビル1F
TEL:045-411-5031 FAX : 045-411-5032 
E-mail : artmuseum@fukasaku.jp 
HP:http://www.f-e-i.jp/
Facebook:https://www.facebook.com/feiartmuseum
Instagram:https://www.instagram.com/fei.art

[ACCESS]
 *各線「横浜駅」西口 より徒歩6分
 *横浜駅西口地下街[南12番出口]より出て左
 [鶴屋町3丁目交差点]前方左角

0コメント

投稿者 : FEIART 投稿日時: 2022-01-27 10:28:46 (110 ヒット)

このたび、フェイ アートミュージアム ヨコハマでは「多摩美術大学助手展2022」を開催致します。多摩美術大学(東京都八王子市・東京都世田谷区)の助手・副手有志によるグループ展も
本年で4回目の開催となります。
多摩美術大学で授業の運営・学生の指導をする傍ら、作家としても活動する助手の皆さん。今回も多摩美の多彩な専門領域からの作品をお楽しみいただけます。表現ジャンルを超えて日々切磋琢磨する作家たちの成果と、多摩美術大学の今を体感いただければ幸いです。

【出品作家】
石井慎一郎・岡本絢子・監物佳南枝・桑原仁太・西村卓・浜田卓之・三木悠尚・毛利晴樹・鷲尾恵

一--------------
会  期:2022年3月3日(木)~3月17日(木)※月曜休廊
開場時間:10:00~19:00 ※最終日は17:00まで
料  金:入場無料
会  場:FEI ART MUSEUM YOKOHAMA
住  所:〒221-0835神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町3-33-2 横浜鶴屋町ビル1F
TEL:045-411-5031 FAX : 045-411-5032 
E-mail : artmuseum@fukasaku.jp 
HP:http://www.f-e-i.jp/
Facebook:https://www.facebook.com/feiartmuseum
Instagram:https://www.instagram.com/fei.art

[ACCESS]
 *各線「横浜駅」西口 より徒歩6分
 *横浜駅西口地下街[南12番出口]より出て左
 [鶴屋町3丁目交差点]前方左角

0コメント

投稿者 : HFGR 投稿日時: 2022-01-14 17:33:14 (89 ヒット)

 この度、Hideharu Fukasaku Gallery Roppongiでは前途有望な若手作家を招いて「Blade Nextvol.3展」を開催致します。過去に5美術大学の卒業・修了展と合わせて行っているαアートウィーク展に出展して頂いた若手作家2名による展覧会です。息の長い作家を育てるため、初心を忘れずに新しい風を取入れ、作家とともに成長したいと願う趣旨で行っています。今回で3回目になります。賀口舟梧さんは姉妹ミュージアム開催の第8回FEI PRINT AWARDにて求龍堂賞を受賞、川本渓太さんはFACE2021入選、世界絵画大賞展大賞受賞と今後の活躍が期待される作家です。2人とも制作される素材は違いますが独自の世界観を持っており、選ばれるテーマやモチーフには現代を生きるものに共感出来るものが多くあります。若い感性を是非ご覧ください。多くの方にご高覧頂ければ幸いです。
 
開催期間: 2022年3月 2日(水)〜 3月 16日(水) 
開場時間:11:00~19:00(最終日17:00 迄) 日・祝休廊 
*状況により時間変更等の可能性がございますので最新の情報は幣廊HPやFacebook等でご確認下さい。

*2022 年2 月26 日( 土) ~ 3 月5 日( 土) の期間は近隣の新美術館にて開催の5 美大展の期間に合わせて周辺画廊との連動企画として卒業生や若手作家にスポットを当てたαアートウィーク展を開催、そちらにも参加予定。

出品作家:賀口舟梧・川本渓太(50音順)

会  場:Hideharu Fukasaku Gallery Roppongi
(ヒデハルフカサクギャラリー六本木)
住  所:〒106-0032 東京都港区六本木7-8-9 深作眼科ビル1F・B1
料  金:入場無料
TEL : 03-5786-1505 FAX : 03-5786-1506
E-mail : hfg@fukasaku.jp HP: http://www.f-e-i.jp
http://www.facebook.com/hfgroppongi http://twitter.com/HFG_ginza

ACCESS
*都営大江戸線「六本木駅」7番出口より徒歩2分
*東京メトロ日比谷線[六本木駅]4a出口より徒歩3分
*東京メトロ千代田線[乃木坂駅]3番出口より徒歩3分

0コメント

« 1 2 (3) 4 5 6 ... 178 »
 
© 2005 ART-MAP.NET 芸術探訪アートマップ