アート ニュース

最新のアートニュースの投稿記事です。

芸術探訪アートマップ
HOME新着案内アーティストリンクアーティスト展示作品アートニュースアート掲示板・談話室アートRSSセンター
新規ユーザー無料登録
新規ユーザー無料登録
ログインする!
メインメニュー
Web Kit
スポンサーリンク
検索
  

投稿者 : HFGR 投稿日時: 2019-04-08 12:57:11 (29 ヒット)

この度、Hideharu Fukaskaku Gallery Roppongi では、樋口雄一・樋口ひろ子両氏による2フロアに分かれた個展を開催致します。

樋口雄一氏による「平和のOS」(「平和の方程式」をインストールしたAIロボット)」展、樋口ひろ子氏による「吉祥少女~百年のかりそめ~」展を1階、地下1階の会場にて開催。
 
樋口氏はメカニックデザイナーとして「伝説巨神イデオン」などアニメーションに登場するロボットやメカニックのデザインのほか、玩具のデザインを手がけてきました。メカニックに特化した樋口雄一だからこそ、中庸な判断をしてくれる、裁判に特化したAIに判断をゆだねる、二国間の妥協出来る最大公約的な判断をさせるようなそんな理想の世界の実現を夢見た世界を描いていきたいと語る独自のロボット、メカの世界をご覧いただけます。本展では、雄一氏による主人公が戦わないAIロボットとなって活躍する物語をテーマにしたロボット、美しいAIガールを描いたオリジナル作品の他、氏が手がけた伝説巨神イデオン、J9等のロボット原画も展示致します。

また、妻のひろ子氏は画家・イラストレーターとして活躍、「少女の幸福と成長を祈ること」をテーマに吉祥文様のあしらわれた振袖を身につけた少女を描く「吉祥美少女絵」で多くの人を惹きつけています。ひろ子氏による少女の成長と幸福を祈り、一瞬と永遠をテーマにした華やかな吉祥美少女絵をご覧いただけます。夫婦二人による彩り鮮やかな世界をお楽しみください。
 
開催期間:2019年5月21日(火)〜 6月1日(土) 
開場時間:11:00~19:00(最終日17:00 迄) 日・祝休廊 
*5月25日(土)六本木アートナイトイベントの為、22時まで営業予定 
*5月25日(土)17時よりレセプション開催、その他、トークショー等のイベント予定。
会  場:Hideharu Fukasaku Gallery Roppongi
(ヒデハルフカサクギャラリー六本木)
住  所:〒106-0032 東京都港区六本木7-8-9 深作眼科ビル1F・B1
料  金:入場無料
TEL : 03-5786-1505 FAX : 03-5786-1506
E-mail : hfg@fukasaku.jp HP: http://www.f-e-i.jp
http://www.facebook.com/hfgroppongi http://twitter.com/HFG_ginza

ACCESS
*都営大江戸線「六本木駅」7番出口より徒歩2分
*東京メトロ日比谷線[六本木駅]4a出口より徒歩3分
*東京メトロ千代田線[乃木坂駅]3番出口より徒歩3分

0コメント

投稿者 : jetli001 投稿日時: 2019-04-05 15:33:44 (28 ヒット)



【会 期】
2019年4月30日(火) ~ 2019年5月5日(日)
11:00 ~ 19:00(最終日は17:00まで)

-------------------------------------------------------------
再展 日本画卒業生4人合同個展
-------------------------------------------------------------

日本画を学び、それぞれの道を歩んだ4人が
再び集まった合同個展です。

ぜひ お気軽にお立ち寄りください。
みなさまのお越しを心からお待ちしております。

-------------------------------------------------------------

【会 場】
Gallery H_identity [ギャラリー アッシュ_アイデンティティ]
http://www.hidentity.jp/
〒541-0064 大阪市北区国分寺2-2-29
TEL: 080-4234-6616

【アクセス】
大阪メトロ 堺筋線・谷町線
「天神橋筋六丁目」駅 5番出口から徒歩2分
アクセスマップ:http://www.hidentity.jp/access/index.html

【告知・サイトURL】
http://www.hidentity.jp/
https://www.facebook.com/GalleryHIdentity
https://twitter.com/Gallery_H_ide
https://www.instagram.com/gallery_h_identity/
https://youtu.be/e3yQuOEE3eoI



★★★当ギャラリーは、若いみなさまの創作を応援しています。★★★
ひらめきや創作の発表の場として、ぜひご活用ください。
自由な発想でチャレンジ!!  お気軽にお問合せください。

0コメント

投稿者 : FEIART 投稿日時: 2019-04-05 14:10:58 (25 ヒット)

この度、FEI ART MUSEUM YOKOHAMAでは、「Atsushi Shibata Art-solo exhibition」を開催致します。
本展は、まるで写真のような人物や風景などを、全て鉛筆だけで描き上げる
柴田敦氏の作品の魅力を紹介する展覧会です。
デビュー以降、国際公募展などにおいて数々の賞を受賞し続けている柴田氏の作品の最大の魅力は、その精巧な写実性と、そこから伝わる人物の温かみや心情、風景の息吹を一目見た瞬間に感じ取れずにはいられないということでしょう。現在も一般社団法人新日本美術院の理事を務める傍ら、意欲的に作品を描き続けています。
心揺さぶる鉛筆画、白と黒の写実画の世界をどうぞご堪能ください。

会  期:2019年5月28日(火)~6月2日(日) 
時  間:10:00~19:00 ※初日13時から ※最終日16時まで
会  場:FEI ART MUSEUM YOKOHAMA(フェイアートミュージアムヨコハマ)
住  所:〒221-0835 横浜市神奈川区鶴屋町3-33-2横浜鶴屋町ビル1F
電  話:045-411-5031
F A X :045-411-5032
料  金:入場無料
主催:株式会社AST(as’art)
協力:一般財団法人 日本文化振興会/一般財団法人 新日本美術院/拓青芸術協会/今津芸術会館/東京湘南絵画会/墨生会/日書芸術協会/陶美会/美術の杜出版 株式会社/j:com/Fm yokohama84.7

[問合せ先] TEL:045-411-5031 FAX : 045-411-5032 
      E-mail : artmuseum@fukasaku.jp HP:http://www.f-e-i.jp/
[電話対応時間]火曜日~日曜日 10:00~19:00

[ACCESS]
*各線「横浜駅」西口 より徒歩6分
*横浜駅西口地下街[南12番出口]より出て左
 [鶴屋町3丁目交差点]前方左角


作家コメント
 はじめに、ご協力を頂いた各団体企業様、並びにFEI ART MUSEUM YOKOHAMAの皆様に深く感謝申し上げます。皆様のご協力がなければ、個展開催には至らなかったことと存じます。
 私は10年前に鉛筆画を始め、それ以来白と黒の世界に魅了され続けています。今回は、そんな白と黒の世界を少しでも皆様にお伝えできればと思い、個展を開催することに致しました。
 会期中は、会場にて皆様をお待ち申しております。気軽にお声をかけていただけたら幸いです。
皆様にお会いできることを楽しみにしております。

柴田 敦

0コメント

投稿者 : FEIART 投稿日時: 2019-04-04 11:50:08 (31 ヒット)

この度、FEI ART MUSEUM YOKOHAMAでは、「“あなにやし、えをとめを”女 展」を開催いたします。
日本最古の歴史書である古事記の国産みの際、イザナギとイザナミが互いにプロポーズをし、国(島)産みに励みます。
イザナギがイザナミに「阿那邇夜志、愛袁登賣袁(あゝ なんと いいおとめよ)」、“あなにやし、えをとめを”と言います。神でありながらも非常に人間臭い神々の中で、女神イザナミをテーマに女展vol.3 を企画いたしました。女性はイザナミのように美女にも醜女にもなります。本展では様々な女性を描いた作品が集結いたします。
出品作家(予定):
大森とこ、北川朔、寺野葉、中園ゆう子、中西麻莉子、藤川さき、山崎カズヒコ、吉澤舞子(五十音順)

会  期 2019年5月10日(金)〜5月26日(日) ※月曜休廊
開廊時間 10:00~19:00 (最終日17:00まで)
会  場 FEI ART MUSEUM YOKOHAMA(フェイアートミュージアムヨコハマ)
住  所 〒221-0835 横浜市神奈川区鶴屋町3-33-2 横浜鶴屋町ビル1F
電  話 045-411-5031 
F A X 045-411-5032
e-mail artmuseum@fukasaku.jp 
HP    http://www.f-e-i.jp
https://www.facebook.com/feiartmuseum
https://www.instagram.com/fei.art
料  金 入場無料

ACCESS
*各線「横浜駅」西口 より徒歩6分
*横浜駅西口地下街[南12番出口]より出て左
 [鶴屋町3丁目交差点]前方左角

0コメント

投稿者 : tsubaki_t 投稿日時: 2019-04-03 11:29:04 (31 ヒット)

Gallery Zaroff企画展

―閉ざされた小さな夜に繰り返される恐怖症的物語―

2019/05/02(Thu.) - 05/07(Tue.)
12:30~20:00 ※最終日17:00

画廊 珈琲 Zaroff(ザロフ)
〒151-0061 東京都渋谷区初台1-11-9 五差路
電話: 03-6322-9032
http://www.house-of-zaroff.com/

その場から離れることの出来ない幽霊達が織りなす情景を、絵画とスクラッチアートの2つの画材で表現します。


【同時開催】ガラスの小鳥社「小鳥社商店」(於1階喫茶店)


鳥居 椿 Torii Tsubaki
水彩画を中心に個展・グループ展等で作品を発表。
日常に潜む不穏な空気感、不安感から題材を得た内的形象を描く。
自身が少女であった頃の眼差しから逃れられず、少女期特有の偏執的な思考、記憶の片隅にあるもの達を作品に投影している。
http://torii-tsubaki.com/

目黒 ミロ Miro Meguro
2014年にスクラッチアートに触れ、2015年より本格的に制作を始める。
人との距離の測り方、自分の為の精神的な鎧・自己表現としての布やレースを描く。
先の尖った針でボードの表面を削る作業を、糸をひと針ひと針縫い上げていく過程に重ね合わせ、縫うように描くことを心がけている。
http://nekotack.main.jp/

0コメント

(1) 2 3 4 ... 155 »

 
Produced by art-map.net © 2005-2018 copyright by 芸術探訪アートマップ all rights reserved.
>