アート ニュース

最新のアートニュースの投稿記事です。

芸術探訪アートマップ
新着案内 アーティストリンク アーティスト展示作品 アートニュース アート掲示板・談話室 アートRSSセンター
新規ユーザー無料登録
新規ユーザー無料登録
ログインする!
メインメニュー
検索
  

投稿者 : FEIART 投稿日時: 2021-05-15 17:11:15 (19 ヒット)

このたびFEI ART MUSEUM YOKOHAMA では「港 ヨコハマ 夏の市 2021」を開催する運びとなりました2018年よりスタートした企画展の第3回展です。
 夏は暑さの訪れとともに花火や海水浴、縁日、夏祭り、肝試し等、様々な催しで活気づく季節でもあります。本展では、様々な表現分野で活動する作家様の作品で、夏の市場( マルシェ)のように賑わう展覧会をイメージしております。
 本年は、夏の光にきらめくガラス・陶、風に揺れるタペストリー・暖簾・ストールなどを中心とした作品を紹介致します。「夏の美しさ」をご高覧ください。

【出品作家】あないまみ/彩月りお/Sarasa-textile板橋美紗子/内田彰子/岡野慶子/片山穣/清水まり恵/清水美於奈/關まどか/染裕/tama10/ちょうりん美智子/トミタマリコ/直井由美/西悦子/橋本忍/水吉郁子/横田藍子/吉田成美

--------------
展覧会名:港 ヨコハマ 夏の市 2021
会  期:2021年6月24日(木)~7月9日(金) ※月曜休廊
開廊時間:10:00~19:00(最終日17:00まで)
料  金:入場無料
会  場:FEI ART MUSEUM YOKOHAMA
住  所:〒221-0835神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町3-33-2 横浜鶴屋町ビル1F
TEL:045-411-5031 FAX : 045-411-5032 
E-mail : artmuseum@fukasaku.jp 
HP:http://www.f-e-i.jp/
Facebook:https://www.facebook.com/feiartmuseum
Instagram:https://www.instagram.com/fei.art

[ACCESS]
 *各線「横浜駅」西口 より徒歩6分
 *横浜駅西口地下街[南12番出口]より出て左
 [鶴屋町3丁目交差点]前方左角

0コメント

投稿者 : HFGR 投稿日時: 2021-05-14 15:49:24 (21 ヒット)

この度、Hideharu Fukaskaku Gallery Roppongi では、「額賀苑子 -森の表皮-」展を開催致します。
額賀苑子は陶やテラコッタを主な素材として用いて、人として生きていく上で抱えざるを得ない矛盾やズレへと向かう表現を人体という古典的、かつ普遍的なモチーフを用いて探求しています。近年は実体と表層、意識と無意識、ペルソナとアニマなど相対する2つの価値観を行き来するような造形作品を制作する彫刻家です。姉妹ミュージアムであるFEI ART MUSEUM YOKOHAMAでのグループ展の参加、弊廊では2回目の個展となります。
本展開催にあたり、作家は次のようにコメントしています。
「人やもの、動物と対峙する時、表皮と内面の間にあるさまざまな隔たりについて考える。頬に触れた視線は、真皮にたどり着くことはなく、かたちの表層をうろうろとさまよい、しばらくの後、なすすべなく逸らされる。その眼差しのあてどない旅をかたちにする試みとして作品を制作する。」と。
 存在や知覚の危うさ、つかみきれなさをどうにか掌握するために制作すると語る額賀さんの作品はバーチャルな情報が増え、実存が希薄になりがちな現代において彫刻という実存感が強いメディアに曖昧さや割り切れなさを含ませようとする事で不思議な実在感が増し、鑑賞者に存在の再考を促します。陶独自の美しさとともにものの本質を考えさせてくれます。多くの方にご高覧頂ければ幸いです。
開催期間: 2021年 7月 9 日(金) ~ 2021 年 7月 24 日(土)
開場時間:11:00~19:00(最終日17:00 迄) 日・祝休廊 

*状況により時間変更等の可能性がございますので最新の情報は幣廊HPやFacebook等でご確認下さい。

会  場:Hideharu Fukasaku Gallery Roppongi
(ヒデハルフカサクギャラリー六本木)
住  所:〒106-0032 東京都港区六本木7-8-9 深作眼科ビル1F・B1
料  金:入場無料
TEL : 03-5786-1505 FAX : 03-5786-1506
E-mail : hfg@fukasaku.jp HP: http://www.f-e-i.jp
http://www.facebook.com/hfgroppongi http://twitter.com/HFG_ginza

ACCESS
*都営大江戸線「六本木駅」7番出口より徒歩2分

0コメント

投稿者 : geckoparade 投稿日時: 2021-04-26 19:19:44 (81 ヒット)

こんにちは。ゲッコーパレードの崎田です。
約一年半ぶりに本拠地・旧加藤家住宅にて新作を発表します。
多ジャンルの作品が一堂に会する今作は、今までの演劇公演とはまた違うアプローチで挑みます。
久々にみなさまと直接お会いできることを楽しみにしております。
ご来場を心よりお待ちしております。

========
ゲッコーパレード本拠地企画
『病』(やまい/illness)
2021年6月11日(金)~21日(月)
於・旧加藤家住宅
----------
美術、演劇、ダンス、音楽、小説、服飾を専門とするアーティストらによる体験型の時空間的作品集。鑑賞者はここに分け入り、自らも作品と化す。
----------
【参加アーティスト/出演者】
石原葉(美術家)
黒田瑞仁(演出家)・市松(演出家、パフォーマー)
砂と水玉/出演:根本和歌菜
そこに『居る』ために/出演:宮本悠加
本間志穂(ピアノ奏者)/奏者:髙橋多美子
矢田真麻(小説家)
YUMIKA MORI(服飾家)/出演:永山香月

全体構成:黒田瑞仁
----------
 かつてドイツの大詩人ゲーテは戯曲『ファウスト』で幾つもの人生を積み重ねて生きる男を描きました。〈死〉を描くことで〈生〉を浮き彫りにしようとする物語が多い中、〈生〉のみを追いかけて人間の本質を捉えようとする大胆な試みでした。
 本作では概念としての〈生〉や〈死〉ではなく、私たちが生きる現実としての「病」(やまい illness) をキーワードに掲げます。
 いま「病」という単語から多くの人は新型コロナウイルスを思い浮かべるでしょう。コロナという「病」は私たちの生活をままならないものにしてしまいましたが、私たちの生活はコロナ以前から喜びも危機も抱えた、 ままならないものであったはずです。私たちの現実はYESでもNOでもなく、その間を漂う「病」的なものだと言えるのではないでしょうか。
 本作では、異ジャンル7組のアーティストが「病」(や まい illness) を独自の切り口から作品化した絵画やパフォーマンスなどを鑑賞いただけます。それぞれに異なる時間の流れを持つ作品が配置された会場内を歩きまわれば、あなた自身の〈生〉もまたその場に姿を現すに違いありません。みなさまのご来場を心よりお待ちしております。
----------

【日時】
2021年6月11日(金)-21日(月)

11日(金)20:00
12日(土)13:00、16:00、19:00
13日(日)13:00、16:00、19:00
14日(月)13:00

18日(金)20:00
19日(土)13:00、16:00、19:00
20日(日)13:00、16:00、19:00
21日(月)13:00

15日(火)から 17日(木)の開催はありません。

各回入替え制。上記時刻の30分前より、入場のうえ会場内の作品を鑑賞いただけます。パフォーマンス作品を全てご覧いただくためには、上記時刻までにお越しください。パフォーマンスは40分程度を予定しております。
途中写真・映像撮影が入る回がございます。あらかじめご了承ください。

《感染症対策として会場は窓を開け、換気をしておりますので十分暖かい格好でお越しください。会場内ではマスクと靴下の着用をお願いいたします。体調にご不安のある場合は無理をなさらないよう宜しくお願いいたします。》

【会場】
旧加藤家住宅
JR京浜東北線「蕨駅」西口から徒歩12分
〒335-0003 埼玉県蕨市南町2丁目8番2号
https://goo.gl/maps/TJbSNvwvtjwvaohs9

【料金】
一般 2,500円
プチ・パトロンチケット 3,500円(特典はありません。このチケットのご購入が、団体の継続的な活動につながります。ぜひもう一押し、応援ください。)
高校生以下 500円
蕨市民 1,000円(身分証をご提示ください)

【ご予約】
https://www.quartet-online.net/ticket/yamai

【お問い合わせ】
電話 070-3822-1256 (当日問合わせ)
メール geckoparade@gmail.com
ウェブ https://geckoparade.com/
Twitter @geckoparade
----------
チラシ写真:瀬尾憲司
チラシデザイン:岸本昌也
主催・企画・制作:ゲッコーパレード
後援:蕨市
----------

ゲッコーパレード
演劇集団。2015年結成。埼玉県蕨市旧加藤家住宅を本拠地に活動。名前の由来は「目的ではなく人の集まりこそがパレードのように活動や表現を形成していく」という信条から。2016年初演の移動型演劇『リンドバークたちの飛行』は異ジャンルのアーティスト6名による演出が注目を集め、山形ビエンナーレ、早稲田大学演劇博物館、宮城野納豆製造所での公演のほか、タイにて現地アーティストとのリメイクを行った。2020年にはコロナ禍における〈集まらない演劇〉として郵送形式で作品を発表した。2021年には異ジャンルの新メンバーを多数迎え、コレクティブとしての活動を本格化。

旧加藤家住宅
埼玉県蕨市にある、築40余年の木造家屋。人が住まなくなっていたところ、2015年よりあらゆる芸術活動のために開放される。美術展や演劇公演をはじめ、映画撮影、合宿、オフ会など多数のイベントが実施される。利用者随時募集中。
========

0コメント

投稿者 : cdfmj 投稿日時: 2021-04-22 17:09:08 (34 ヒット)

金川信江 clarinet〔音楽とイマージュ〕〜天使のはしご〜

音楽.. 写真..
心をほぐすアートな時間

ライブ配信コンサート

雲の切れ間から放射状に陽が降り注ぐ薄明光線を、angel's ladder 天使のはしご と呼ぶそうです。
光とともに舞い降りる天使が幸せ運ぶとか。そんなふうに地上に届けられたのではと感じるような音楽を集めました。

配信日時:
2021年5月4日火曜日20:00~20:45
チケットご購入の方は、生配信終了後から14日間、5/18(火)までアーカイブを視聴することが可能です。イベント終了後でも視聴期限までチケット購入が可能です。

チケット取扱い+配信:ツイキャス公式ストア プレミア配信  
 https://twitcasting.tv/nobue_kanekawa/shopcart/68852

視聴料金:
 プレミア配信チケット900円 + システム利用料100円
 (コンビニ支払いの場合は別途+100円)

夜8時から数曲をお届けするささやかなコンサート。
クラリネットの演奏と、奏者自身の撮影による写真を、本の挿絵のような感覚でトークで結び進めます。歌詞はなく無伴奏で奏でる旋律には、想像を広げる余白がある。音楽のエッセンスをきっかけに、自由な感覚でお楽しみください。


曲目:
グノー    アヴェマリア
ドビュッシー 美しい夕暮れ
アーン    クロリスに
ブラーガ   天使のセレナーデ
エルガー   朝の歌



~ 写真と出会った音楽家 ~
金川信江 Nobue KANEKAWA クラリネット奏者 フォトアーティスト
 https://cdf-music.com/cl/
幼少よりピアノに親しみ、12歳よりクラリネットを始める。国立(くにたち)音楽大学卒業。スイス国立チューリッヒ音楽大学マスタークラスを、審査により学費全額助成を得て参加修了。第1回ロマン派音楽コンクール優秀賞受賞(グランプリなし単独での優秀賞受賞)の他、複数のコンクールでの受賞、オーディション合格歴を持つ。「おしゃべりコンサート」「こどものためのコンサート」「語りと音楽の世界」「日本現代音楽展」等に出演。「リサイタル」開催。写真を取り入れたクラリネット無伴奏ソロによるカフェやギャラリーでの「気ままなコンサートシリーズ」と、ライブ配信での〔音楽とイマージュ〕は好評を博し多数の公演を行う。【写真家たちの新しい物語】第8回に選出され、富士フイルムフォトサロン東京にて初写真個展「根っこ」開催。「Regard Intense by 16 photographers 」参加、IMA next ショートリスト選出等、音楽と写真を通じ幅広い活動を行っている。音楽プロジェクトc.d.f(セーデーエフ)アーティスト。



・動画及び音声の録画、録音、無断転載はお控えください。

音楽プロジェクトc.d.f(セーデーエフ)
https://cdf-music.com



公演情報ページ
https://cdf-music.com/cl/Schedule/entori/2021/5/4_yin_letoimajutian_shinohashigo.html




.

0コメント

投稿者 : cdfmj 投稿日時: 2021-04-22 17:08:28 (42 ヒット)

金川信江 clarinet〔音楽とイマージュ〕〜天使のはしご〜

音楽.. 写真..
心をほぐすアートな時間

ライブ配信コンサート

雲の切れ間から放射状に陽が降り注ぐ薄明光線を、angel's ladder 天使のはしご と呼ぶそうです。
光とともに舞い降りる天使が幸せ運ぶとか。そんなふうに地上に届けられたのではと感じるような音楽を集めました。

配信日時:
2021年5月4日火曜日20:00~20:45
チケットご購入の方は、生配信終了後から14日間、5/18(火)までアーカイブを視聴することが可能です。イベント終了後でも視聴期限までチケット購入が可能です。

チケット取扱い+配信:ツイキャス公式ストア プレミア配信  
 https://twitcasting.tv/nobue_kanekawa/shopcart/68852

視聴料金:
 プレミア配信チケット900円 + システム利用料100円
 (コンビニ支払いの場合は別途+100円)

夜8時から数曲をお届けするささやかなコンサート。
クラリネットの演奏と、奏者自身の撮影による写真を、本の挿絵のような感覚でトークで結び進めます。歌詞はなく無伴奏で奏でる旋律には、想像を広げる余白がある。音楽のエッセンスをきっかけに、自由な感覚でお楽しみください。


曲目:
グノー    アヴェマリア
ドビュッシー 美しい夕暮れ
アーン    クロリスに
ブラーガ   天使のセレナーデ
エルガー   朝の歌



~ 写真と出会った音楽家 ~
金川信江 Nobue KANEKAWA クラリネット奏者 フォトアーティスト
 https://cdf-music.com/cl/
幼少よりピアノに親しみ、12歳よりクラリネットを始める。国立(くにたち)音楽大学卒業。スイス国立チューリッヒ音楽大学マスタークラスを、審査により学費全額助成を得て参加修了。第1回ロマン派音楽コンクール優秀賞受賞(グランプリなし単独での優秀賞受賞)の他、複数のコンクールでの受賞、オーディション合格歴を持つ。「おしゃべりコンサート」「こどものためのコンサート」「語りと音楽の世界」「日本現代音楽展」等に出演。「リサイタル」開催。写真を取り入れたクラリネット無伴奏ソロによるカフェやギャラリーでの「気ままなコンサートシリーズ」と、ライブ配信での〔音楽とイマージュ〕は好評を博し多数の公演を行う。【写真家たちの新しい物語】第8回に選出され、富士フイルムフォトサロン東京にて初写真個展「根っこ」開催。「Regard Intense by 16 photographers 」参加、IMA next ショートリスト選出等、音楽と写真を通じ幅広い活動を行っている。音楽プロジェクトc.d.f(セーデーエフ)アーティスト。



・動画及び音声の録画、録音、無断転載はお控えください。

音楽プロジェクトc.d.f(セーデーエフ)
https://cdf-music.com



公演情報ページ
https://cdf-music.com/cl/Schedule/entori/2021/5/4_yin_letoimajutian_shinohashigo.html




.

0コメント

(1) 2 3 4 ... 171 »
 
© 2005 ART-MAP.NET 芸術探訪アートマップ