アート RSSセンター

アート系、デザイン系のRSS配信です。

芸術探訪アートマップ
新着案内 アーティストリンク アーティスト展示作品 アートニュース アート掲示板・談話室 アートRSSセンター
新規ユーザー無料登録
新規ユーザー無料登録
ログインする!
メインメニュー
検索
  ホーム >> アート RSSセンター >> メイン

アート RSSセンター

  メイン  |  簡易ヘッドライン  


現在データベースには 13045 件のデータが登録されています。

rdf rss atom

最新 RDF/RSS/ATOM 記事

feed icon リチャード・ダッド「妖精の樵の見事な一撃」 in link ピカソは永遠にわからない。 (2006/12/13 22:42:27)
精神の訝しくなった人も、一日中狂っているというわけではないらしい。 幻影に脅かされたり、時に正気に戻ったり、此岸と彼岸を行ったり来たりしているのかもしれない。 天才と狂気の関係については、心理学者の宮城音弥著「天才」に詳しい。 激しい狂気こそが天才を引き起こすという見方もあると思うが、たとえば天才と狂気は一人の人間の中に別々に存在して ...
feed icon 小児科待合室 in link 詩集・こおろぎ (2006/12/11 9:10:00)
( これを済ませたならすぐに仕事へ戻り残したものを片付けなければこの子の熱は何度あっただろう、、、 )
feed icon オススメ・スポンサーサイト「ERP」 in link ピカソは永遠にわからない。 (2006/12/9 18:39:48)
ERP シェア | SAP ERP | ERP アプリケーション | ERP システム | ERPパッケージ
feed icon オディロン・ルドン「仏陀」 in link ピカソは永遠にわからない。 (2006/12/9 18:39:48)
日本書紀には「異国の神はきらきらし」という記述があるが、ここでいう異国の神とはホトケ、すなわち仏像のことである。 きらきらしという表現から、金箔が全身に張りめぐらされ、眩しいほどに輝いていた仏を想わせるが、表面の輝きだけではなく、ふくよかな顔に神秘的な笑みをたたえた様子に、当時の日本人は、なんともいえない神々しい光を感じたのかもしれ ...
feed icon ルネ・マグリット「恋人たち」 in link ピカソは永遠にわからない。 (2006/11/30 9:25:08)
たとえば恋人を持ったことのない人は、恋人という言葉を聞いてどんな顔を思い浮かべるのか。 あるいは幼い頃に母を亡くし、顔を思い出せない人の、心の中の母はどんな顔をしているのか。 マグリットの場合、13歳の頃に母親を亡くしたといわれる。 母は家の近くの川に入って死んだ。数週間後に発見された母の顔は、ぺったりと夜着に覆われていたともいわれる。 ...
feed icon ルネ・マグリット「人の子」 in link ピカソは永遠にわからない。 (2006/11/29 4:54:39)
聖書によると、イエスも自分を「人の子」(The Son of Man )であると語っていたらしい。 人間には原罪があるという。 神は、エデンの園にある様々な木の実を食べることを許していたが唯一、善悪の知識の実だけは食べることを禁じていた。 「神は知識の実を食べて世界を創造する方法を知ったのですよ」 アダムとイヴは蛇にそそのかされ、神の命にそむいて禁断の木の ...
feed icon エゴン・シーレの描く肉と骨の魅力 in link ピカソは永遠にわからない。 (2006/11/27 4:28:51)
泣きながら描かれたような女の線の魅力がある。 エゴン・シーレの絵は、身を掻きむしるような文学、それも死に絶えた私小説という感じがする。 貧相な体だが、女の肉と骨の魅力がある。 絵に匂いがあるとすれば、(なま)の女の濃い体臭。 シーレのデッサンは、血と肉をなすりつけるようなデッサン。 シーレにとって筆を走らせることは、女の体を撫でることと ...
feed icon エッシャー「上昇と下降」 in link ピカソは永遠にわからない。 (2006/11/24 7:07:11)
Ascending and Descending 建物の屋上に回廊がある。 外側を右回りに移動する人たちは、永遠に上昇を繰り返している。 内側を左回りに移動する人たちは、永遠に下降を繰り返している。 死後の世界に存在するかのような不気味な無限回廊のようである。 ここに迷い込んだ人たちは、永遠に歩き続けなければならないようだ。 エッシャーは「ペンローズの階段」をもとに、こ ...
feed icon ルネ・マグリット「アルンハイムの地所」 in link ピカソは永遠にわからない。 (2006/11/22 16:26:01)
「アルンハイムの地所」は、米国の作家E.A.ポーの同名の短篇小説に触発されて描いたといわれる奇妙な絵。 石の欄干の上に卵を抱く鳥の巣があり、背景には猛禽類のような形をした岩山が広がっている。 同じマグリット作の「千里眼」という絵のように、卵の未来が背景に映し出されているのか。 あるいは卵の持つポテンシャルが岩山に滲み出しているのかもしれない ...
feed icon エゴン・シーレ「家族」 in link ピカソは永遠にわからない。 (2006/11/20 18:17:29)
家族が濃い、としかいいようがない。 家族は、いつも肉の触れあうほど近くにいて、共に働き、飯を食い、眠る。 家族は、家族の中で産まれ、家族の中で死ぬ。 同じ匂いのする肉体の集まりが家族である。 近頃の家族は薄いような気がするが、この絵に描かれた家族は濃い。 父親のモデルはシーレ自身だといわれる。 母親はシーレの妻のエディット。 ただし、夫婦に ...
« [1] 1295 1296 1297 1298 1299 1300 (1301) 1302 1303 1304 1305 » 
その他 その他

execution time : 0.174 sec
 
© 2005 ART-MAP.NET 芸術探訪アートマップ