フェスティバル/トーキョー17 『実験と対話の劇場 -新しい人/出来事の演劇-』

アート、芸術関係の掲示板や談話室です。

芸術探訪アートマップ
HOME新着案内アーティストリンクアーティスト展示作品アートニュースアート掲示板・談話室アートRSSセンター
新規ユーザー無料登録
新規ユーザー無料登録
ログインする!
メインメニュー
Web Kit

フェスティバル/トーキョー17 『実験と対話の劇場 -新しい人/出来事の演劇-』

このトピックの投稿一覧へ

なし フェスティバル/トーキョー17 『実験と対話の劇場 -新しい人/出来事の演劇-』

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2017/9/8 12:30 | 最終変更
ft15  新米   投稿数: 8
フェスティバル/トーキョー17
『実験と対話の劇場 -新しい人/出来事の演劇-』

11月3日(金・祝)~11月5日(日)
会場 あうるすぽっと

参加アーティスト:演劇計画・ふらっと、 / シラカン / 関田育子 / 玉城大祐
キュレーション:松田正隆

-いま、ここで、生まれ続ける「演劇」を捕まえる-
 劇作・演出家で、立教大学でも教鞭をとる松田正隆が4組の若手アーティストに声をかけ、自身も強い関心を寄せる「出来事の演劇」をテーマにした実験と対話の場をひらく。
 参加するのはいずれも、劇や空間設計の文法そのものを自覚的に利用、解体、再構築する20代のつくり手。本企画では、それぞれが60分以内の作品を創作、2組ごとに発表し、ゲストを交えたディスカッションにものぞむ。
 目指すのは、単に戯曲の言葉を再現するのではない、その時その場で生まれる現象=「出来事」としての上演。それはまた、「戯曲を書き、上演する」という、ごく当たり前にも思える行為を解きほぐし、再検討することにもつながる。言葉、身体、空間、観客……演劇を構成するさまざまな要素、その間にある力学をいかに利用し、免れ、出来事を起こすか−−。つくり手と観客双方に新しい知覚、思考をもたらす探求と実践がここに始まる。

日程 A:シラカン / 関田育子
B:演劇計画・ふらっと、 / 玉城大祐

11/3(金・祝)
14:00 A+ディスカッション ☆

11/4(土)
12:00 B+ディスカッション ☆
17:00 A+ディスカッション ★

11/5(日)
14:00 B+ディスカッション ★

【ディスカッションゲスト】
☆=カンパニーメンバー×松田正隆×ゲスト
★=カンパニーメンバー×松田正隆×佐々木敦(批評家・HEADZ主宰)
※その回に上演を行ったカンパニーのメンバーが登壇します。

受付開始は開演の60分前、開場は30分前
上演時間 135分(途中休憩15分あり)(予定)
ディスカッション:60分(予定)
言語 日本語上演
一般発売 自由席(整理番号つき)  一般前売2,500円/ 当日3,000 円、学生1,600円 ほかセット券あり→http://www.festival-tokyo.jp/17/ticket/(F/Tチケット詳細)

詳細・チケット購入は公式ページへ→http://www.festival-tokyo.jp/17/program/jikkenn/
投票数:0 平均点:0.00

投稿ツリー

  条件検索へ


 
Produced by art-map.net © 2005-2014 copyright by 芸術探訪アートマップ all rights reserved.