アート RSSセンター - 窯ぐれ

アート系、デザイン系のRSS配信です。

芸術探訪アートマップ
新着案内 アーティストリンク アーティスト展示作品 アートニュース アート掲示板・談話室 アートRSSセンター
新規ユーザー無料登録
新規ユーザー無料登録
ログインする!
メインメニュー
検索
  ホーム >> アート RSSセンター >> 窯ぐれ

アート RSSセンター

  メイン  |  簡易ヘッドライン  

リンク 単体表示


link 窯ぐれ 窯ぐれ (2018/7/24 12:59:26)

現在データベースには 69 件のデータが登録されています。

feed 謹賀新年 2017 (2017/1/3 12:06:00)
feed 国際陶芸展 (2016/12/1 12:39:00)
「非色;他者性(10-28-6)」この作品は、2017年に開催する韓国国際陶芸展に出展が決まった。今日、世界中に如何程の国際と称する公募展が存在するのだろうか。それは驚く程の数であることには間違いないであろう。また、近年、東欧の伝統的に工芸芸術の優れた国が、ビエンナーレ、トリエンナーレの開催を創設した。これはインターネットの発展が大いに寄与 ...

feed 既製の振る舞い (2016/11/11 11:13:14)
最近よく、聞く言葉にエスタブリッシュメントなるものがある。既存の枠組みを語るものなのだが、既存のものに潜む権力性には、現状を維持する力が込められるし、伝統的振る舞いとしてのいわゆる品格を身にまといつつ前景化される。すなわちそこには、本音の部分が隠される状態となって現れる。現状に倦怠を覚えるものにとっては、それは耐え難い忍耐を強いる ...

feed ラトビア、マーチンソン賞陶芸展 (2016/5/22 12:03:00)
作品「非色:他者性(06-28-2)、133.0-40.0-9.5cm。この作品は、第1回のラトビア・マーチンソン賞陶芸展(国際)に出展が決まった。来る7月15-9月10日まで Daugavpils Mark Rothko Art Centre にて展示されるだろう。マーチンソンは、ラトビアの陶芸家の名を冠したものである。氏とは、20年前に招待をされたリトアニア国際陶芸シンポジウムで ...

feed 伝統なる先端性 (2016/4/9 12:24:12)
伝統が如何に先端性に満ちているかについて考えたみたい。

feed 季節の挨拶 (2015/12/19 11:23:00)
feed こころの商品 (2015/9/30 10:48:00)
合羽橋に”ブリコル-ル”を求める - ぶらぶらと、あるもの探し - 作品へのアィデイア探しと称し、合羽橋の道具屋街にいった。当然、浅草寺をも訪れる。夥しい観光客(信心深い近郊近在のひとびとではない)、それも一目、中国からのお客様であると判断できる人たちの群れ。それが覆いかぶさってくる。さしあたりの経済効果には歓迎であるのかもしれない。しか ...

feed 非色 - 白 - (2015/9/25 11:57:00)
伝統的無釉陶を造る流れのなかで、その無釉陶の背後に息ずく「無為自然」とは何かを考え続けてきた。それは装飾や技法といった、言葉に置き換えることのできる情報という中身ではなく「道」でありマナーであった。それはいわゆる「思想」ではなかった。伝統は思い込みであり切迫した存在ではなかった。無釉陶の「無」なる精神的要素は、何もない・絶対性では ...

feed 2015年、談話 -忖度としての他者性 - (2015/8/19 10:40:00)
伝統への対峙 ー これがわたしの一貫した制作の立脚点である。伝統とはあたかも忖度を拒否するかのごとく屹立してるものの、伝統とは必要とされる歴史的、ある人々のある空気 ー「都合(知恵)」である。それがつくられしものなら、いつ如何なる時代においても、わたしたちはそれを壊すことは無論つくり変えることも可能なのである。伝統がそのように永劫不動 ...

feed 相憐れむ (2015/7/30 12:14:00)
「法的安定性は関係ない」、に関して丸山眞男から、「この究極的実体への接近度ということこそが、個々の権力的支配だけでなく、全国家機構を運転せしめている精神的機動力にほかならぬ。官僚なり軍人なりの行為を制約しているのは少なくも第一義的には合法性の意識ではなくして、ヨリ優越的地位に立つもの、絶対的価値体にヨリ近いものの存在である。」面従 ...

« 1 2 3 4 5 (6) 7 » 

execution time : 0.091 sec
 
© 2005 ART-MAP.NET 芸術探訪アートマップ