アート ニュース

最新のアートニュースの投稿記事です。

芸術探訪アートマップ
HOME新着案内アーティストリンクアーティスト展示作品アートニュースアート掲示板・談話室アートRSSセンター
新規ユーザー無料登録
新規ユーザー無料登録
ログインする!
メインメニュー
Web Kit
PR





検索
PR
  
投稿者 : masa1182 投稿日時: 2017-03-17 21:38:27 (19 ヒット)

陶芸。
それは日本の伝統工芸の方法です。
ふだん使いの茶碗のような器から、
芸術となるような作品まで、
陶芸には、さまざまな表現があります。

千代雷央(chishiro raio)は現代芸術のアプローチをする陶芸家です。
彼は、映画の特殊メイク&造形の世界から、
陶芸の魅力にひかれて転身しました。

彼の作風は、タコや亀をはじめとする
生き物の「生」と「死」に焦点を当て、
その一瞬を切りとって表現することをテーマとしています。

前職で身に付けたスキルを惜しみなく陶芸で発揮しており、
彼の作品には、唯一無二の存在感があります。

今後、世界で活躍できる素質を、彼は持っています。
彼の作品を通じて、これまでに見たことない驚きを感じ、
知的好奇心を刺激するクリエイティブなひとときをお過ごしください。

千代雷央展 僕らの知らない、陶芸。
会期:2017年3月28日(火)~ 4月2日(日)
会場:弘重ギャラリー(HIROSHIGE GALLERY)
恵比寿駅から徒歩5分
http://hiroshige-gallery.com/

恵比寿でふらっと立ち寄ってくださいね!
もちろん入場料はかかりません!

twitter: @RAIOCHISHIRO
作品HP:https:/rcpottery.amebaownd.com

0コメント

投稿者 : cdfmj 投稿日時: 2017-02-17 13:27:01 (88 ヒット)

目白の住宅街にひっそりと佇む、そのギャラリーの入口は、
木と草花、池のある中庭を歩いて向かいます。
木もれ日が差し込むガラス窓の向こうには、推定樹齢200年の柿の木。
石の床と吹き抜けの空間に、音楽が柔らかく響く。
              木陰で、気ままに、語らうように。


〈気ままなコンサートシリーズ〉

クラリネット無伴奏ソロによる、カジュアル・クラシック・コンサートです。
フォトカードをお配りし、トークを交えながら、
短めの、耳馴染みの良い音楽を、たくさん奏でていきます。

『木陰のギャラリーコンサート in Gallery鶉』
日時:2017年3月5日日曜日 14:30開場 15:00開演

会場:Gallery鶉(ギャラリージュン)
   東京都豊島区目白2-8-1  03-3971-0784 
    http://gallery-jun.jp
   JR目白駅より、徒歩6分
   東京メトロ副都心線 雑司ヶ谷駅より、徒歩5分

入場料:前売り2,600円  当日2,800円

チケット取扱い:
   カンフェティチケットオンライン
    http://www.confetti-web.com/detail.php?tid=37564& 
   電話 カンフェティチケットセンター
    0120-240-540(受付時間 平日10:00~18:00)
   *お近くのセブン-イレブンで精算発券。

     又は、

   ヤフーパスマーケット *スマホ電子チケット クレジット決済
    http://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/015nyiynqfay.html#detail


主催:音楽プロジェクトc.d.f(セーデーエフ)
    http://cdf-music.com
制作:金川マコト


演奏曲目:
 ドヴォルザーク/スラブ舞曲第10番op.72-2
 カッチーニ/アヴェ・マリア
 パガニーニ/カンタービレ
 ランゲ/花の歌
 メンデルスゾーン/春の歌
 ブラームス/間奏曲op.118-2
 ローズ/32のエチュードより25番
 ジョップリン/マグネティック・ラグ 他

出演:金川信江 クラリネット奏者
    http://cdf-music.com/cl/
幼少よりピアノに親しみ、12歳よりクラリネットを始める。国立(くにたち)音楽大学卒業。スイス国立チューリッヒ音楽大学マスタークラスを、審査により学費全額助成を得て参加修了。第1回ロマン派音楽コンクール優秀賞受賞(グランプリなし単独での優秀賞受賞)の他、複数のコンクールでの受賞、オーディション合格歴を持つ。「おしゃべりコンサート」「こどものためのコンサート」「語りと音楽の世界」「日本現代音楽展」等に出演。「リサイタル」開催。写真を演出に取り入れたクラリネット無伴奏ソロによるカフェやギャラリーでの「気ままなコンサートシリーズ」は好評を博し多数の公演を行う。「写真家たちの新しい物語」第8回に選出され、富士フイルムフォトサロン東京にて初写真個展「根っこ」を開催。「Regard Intense by 16 photographers 」に参加する等、音楽と写真を通じ幅広い活動を行っている。音楽プロジェクトc.d.f(セーデーエフ)アーティスト。



公演情報ページ
http://cdf-music.com/cl/Schedule/entori/2017/3/5_mu_yinnogyararikonsato_in_Gallery_chun.html

0コメント

投稿者 : sakumoon 投稿日時: 2017-01-18 11:20:35 (325 ヒット)

想-SOU- the joint exhibition of paintings and photos
五十嵐文ayaigarashi +定岡亜希子 akikosadaoka 二人展

会期 2017.1/30(月) 〜 2/5(日)
時間 10:00-17:00 ※最終日は14:30まで
場所 氷川の杜文化館展示場 TEL 048-648-1177
   さいたま市大宮区高鼻町2-262-1
会期中連絡先 TEL 070-3526-0810


作品展を行います。ぜひお立ちより下さい。

【大宮駅をご利用の場合】
・JR線・東武野田線・ニューシャトルほか大宮駅東口より徒歩15分
※駐車場に限りがございますので、公共の交通機関をご利用ください。

0コメント

投稿者 : yoshie320 投稿日時: 2016-12-03 22:34:15 (204 ヒット)

あなたも舞台の花になろう!
仲間が居て、楽しくて、少し厳しい、そんなお芝居ごっこ
座・大阪市民劇場説明会&オーディション

座・大阪市民劇場とは、
一般公募で集まった5歳~80歳迄の幅広いメンバーで結成し、公演上演後、解散する 市民参加型の期間限定劇団『座・大阪市民劇場』です。
世代間交流、地域文化活性化を趣旨に2006年より活動をスタート。今までに600名を超えるメンバーが参加。今回で20回目を迎えます

稽古は週1回 平日夜、土日の稽古日で学生、社会人でも無理なく参加出来るカリキュラム。

参加者の9割が演劇未経験者からのスタート
個性を重視した演出方法でそれぞれも可能性を引き出します

演出家は座・大阪市民劇場の発行人でもあり
現在、3劇団の演出・顧問、インディアメーラー実行委員
Naka Culture World(プロジェクトチーム)主宰 仲風見氏
日本を代表する演出家の元で舞台を経験する事が可能。

経験を積みたい方も、演劇を楽しみたい!
幅広い世代のメンバーと交流したい!など
演劇初めての方も大歓迎
楽しみながらもプロの演出家の元で舞台に出演するチャンス!

【応募資格】
5歳~80代迄の男女
経験不問・未経験者歓迎 (他プロダクション、劇団所属の方は承諾が必要)
親子・友達同士の参加もOK

■応募方法 下記連絡先へ
(名前、年齢、職業、連絡先、説明会希望日)を記入の上、メール、郵送、電話、またはメールフォームにてお問い合わせ下さい。

■出演希望者説明会&オーディション
12月4日(日)15:00~
12月9日(金)18:30~
12月10日(土)16:00~
※他日程希望の方は事前にご相談下さい
場所:えさか芸術文化館ピエロハーバー 2F
持ち物:筆記用具&顔写真
内容:簡単な台詞読み

こちらから応募可能
http://osakashimin.jimdo.com/

■合格後
プロの演出の元、幅広い世代の仲間と稽古を行い「座・大阪市民劇場公演」に出演。
公演上演後、解散。

■稽古日
金曜(18:00~20:00)
土曜(16:00~18:00)
日曜(11:00~13:00)
上記いずれか週1回の稽古になります。


【問い合わせ先】
座・大阪市民劇場実行委員会
大阪府吹田市江坂町3-2-1
えさか芸術文化館ピエロハーバー
TEL:06-7897-8563
mail:o_shimingekizyou@yahoo.co.jp
http://osakashimin.jimdo.com/

0コメント

投稿者 : TTT 投稿日時: 2016-11-14 16:16:34 (166 ヒット)

象印マホービン株式会社が運営する「まほうびん記念館」(所在地:大阪市北区天満、象印マホービン本社1階)では、多種多様な「卓上ポット」をご紹介する企画展「おもしろポット大集合」展を平成28年11月17日(木)~平成29年5月9日(火)の期間限定で開催いたします。

今回の企画展では、まほうびん記念館で所蔵しているものや、国内まほうびんメーカー各社からのご協力を得て、楽しいポットを一堂に集めてご紹介いたします。

カタチや色柄、素材、機能、多岐にわたる法人からの要請で製造したオリジナル商品など、100年以上続く日本でのまほうびん製造の歴史の中で、実に様々な卓上ポットが作られてきました。その中から厳選した卓上ポット60本からは、それぞれの時代背景まで垣間見ることができます。

一堂に集まったおもしろポットをまほうびん記念館で是非ご覧ください。

【開催期間】平成28年11月17日(木)~平成29年5月9日(火)
【開館日】月~金曜日(土日祝、12月28日~1月4日は休館)
【開館時間】10:00~12:00 13:00~16:00 ※12:00~13:00の間は除く
【休館日】土曜日、日曜日、祝日、年末年始など当社休業日
【入館料】無料
【見学方法】
・事前予約制 ※予約受付先 06-6356-2340(9:00~17:30、当社休業日を除く)
・見学時間の目安・・・1時間・最大見学人数・・・30名/回

0コメント

(1) 2 3 4 ... 141 »




 
Produced by art-map.net © 2005-2014 copyright by 芸術探訪アートマップ all rights reserved.